碧南市 歯科 インプラント 入れ歯

かねます歯科

診療のご案内
痛くないインプラント
OAM(大口式)インプラント法とは

骨をできるだけ削らないインプラント手術法です。

骨をできるだけ削らずに患者さん自身の骨を拡げてインプラントを植えることができれば骨の移植や比較的難易度が高いGBR( Guided Bone Regeneration:骨増生)を回避することができます。

OAM(大口式)インプラント法症例報告によると上顎の骨は柔らかい場合が多く、ドリルで骨を削らずにインプラント手術を行うことも可能です。ドリルを使用しないことによる安心感のほか、骨を削らないため骨が細い場合やインプラントの固定(初期固定)が難しい柔らかい骨の場合でもインプラント適応症となることもあります。
下顎の骨の場合には上顎に比較して細くて硬い場合が多く、そのような場合にも出来るだけ骨を削らず、骨幅を拡げる方法がOAM(大口式)スリッティング法です。

歯を失ってお悩みの方へ

人は永久歯を失うと残念ながら二度と
生え変わってきません。
そのため今までは『入れ歯』などを用いるしか
その部分を補う方法はありませんでした。
しかし『入れ歯』だと固いものがうまく噛めない、
発音がおかしい、また長く使っている間に
合わなくなってガタついてきたりする場合があります。
このように歯を失ってお悩みの方に
新しい治療法『インプラント治療』を
ご紹介いたします。

痛くないインプラント治療とは

インプラント治療とは、失ってしまった自分の歯の
替わりに人工の歯を顎の骨に埋め込む治療法です。
今までの治療法では、歯茎を切り開いていましたが、
ノーベルガイドを使った治療法では歯茎を開きません。
そのため、腫れ、痛み、出血はほとんどありません。
高齢者には最適の安全性の高い治療法です。
自分の歯のように噛めるようになります。

たった1日で取りはずしの要らない歯に

All-on-4は、埋め込むインプラントの数が最小4本(※)
骨の移植などの必要ありません。
ノーベルガイドを使えば、抜歯からインプラントの埋め込み、
仮歯の装着まで、1日で行うことが可能になりました。

つまり、今まで使用していた歯や入れ歯が手術当日まで使え、
その夜には新しいインプラントで支えられた仮歯で食事をとることができるのです。

All-on-4は、短時間で固定式の仮歯が入る画期的な治療法。
たった1日でお口元が劇的に変わり、さまざまな入れ歯の悩みから開放されます。

(※)あごの骨の状態によってはインプラントの本数が多くなることもありますので、
主治医によくご相談ください。

歯を1本失った場合

失った部分にインプラントを1本埋め込みます。
従来は、健全な両隣の歯を削って、ブリッジを用いて治療していましたが、インプラントを用いると健全な歯を傷つけることなく治療を行うことが出来ます。

歯を何本か失った場合

失った部分にインプラントを1本埋め込みます。
従来は、健全な両隣の歯を削って、ブリッジを用いて治療していましたが、インプラントを用いると健全な歯を傷つけることなく治療を行うことが出来ます。

歯をすべて失った場合

失った部分にインプラントを1本埋め込みます。
従来は、健全な両隣の歯を削って、ブリッジを用いて治療していましたが、インプラントを用いると健全な歯を傷つけることなく治療を行うことが出来ます。

COPYRIGHT(C)2007 かねます歯科 ALL RIGHTS RESERVED.